もう知ってる?プーアール茶のダイエットや美容効果が話題に!

長期熟成した熟茶だと低カフェイン、ダイエットティーに人気のプーアール茶

中国6大茶の1つに数えられるプーアール茶は、ダイエットティーとして注目を集めています。

でも、気になるのはカフェインです。

特に、妊婦さんらカフェイン摂取を抑えたい人は、お茶を飲みすぎるのが心配でしょう。

そんな方にもお勧めできるのがプーアール茶です。

プーアール茶とカフェインの関係を調べてみましょう。

プーアール茶のダイエット効果や美容効果がすごい!

カフェインが妊娠中や授乳中の女性によくないという話は、しばしば耳に入ってきます。

飲み過ぎた場合、妊娠中は流産や低出生体重児を引き起こすことが考えられます。

乳幼児は発育阻害になる可能性を持つとされています。

カフェインを1日にどれくらい摂取すると身体によくないとする具体的な基準は国内で設けられていませんが、

1日当たりの摂取量をコーヒー3杯程度に抑えると影響がないといわれています。

WHO(世界保健機関)は妊娠中や授乳中の女性のカフェイン摂取量が100ミリグラムまでなら、胎児や乳児に影響が及ぶ心配がないとしています。

コーヒー3杯に含まれるカフェインの量は、ざっと300ミリグラム。ドリップコーヒーで1杯150ミリリットルに、100ミリグラム程度のカフェインが含まれる計算になります。

山口県の茶販売会社によると、飲み物150ミリリットル当たりで玉露180ミリグラム、ココア50ミリグラム、抹茶48ミリグラム、紅茶、煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶で30ミリグラム程度の含有量になります。

プーアール茶の場合も紅茶とほぼ同じで30ミリグラムほどとされます。

単純計算すると、10杯ぐらいまでは健康に影響が出ないことになります。

ただし、プーアール茶には生茶と熟茶の2種類があります。

生茶は経年熟成、熟茶はコウジカビで発酵させたものです。

それぞれの製造法により、カフェインの含有量は異なります。

茶葉で最も多くカフェインを含むのは若芽です。

若芽を使った生茶が紅茶や煎茶並みのカフェイン量となるのです。

これに対し、長期熟成すると茶葉に含まれるカフェインが変化します。

このため、含有するカフェイン量がかなり減少します。

中でも、長期熟成した熟茶はノンカフェインを宣伝文句にする製品が販売されるほど、カフェイン量が少ないのが特徴です。

熟茶だと15ミリグラムから30ミリグラムの間と考えられています。

プーアール茶は脂肪燃焼によるダイエット効果のほか、胃腸の働きを活性化し、新陳代謝を活発にするとして注目を集めています。

カフェインの過剰摂取でお腹を壊す可能性があるばかりか、不眠や頻尿を引き起こすことも考えられますから、

妊娠中や授乳中でなかったとしても、飲み過ぎには気をつけましょう。

ダイエットだけじゃないプーアール茶の効果

プーアール茶はデトックスに有効なお茶としてダイエッターに人気のお茶です。

クセの少ない飲みやすさで、プーアール茶だけでも、お食事やデザートと一緒にとっても、

素材の邪魔を持ち味をしない優しい飲み心地が人気です。

プーアール茶には、緑茶やコーヒーと同じくカフェインが含まれています。

カフェインは妊娠中や授乳中の場合、過剰摂取を避けたほうが良いとされています。

しかし、カフェインが含まれていると言っても、緑茶やコーヒーに含まれる半分程度なので、

飲んでも大きな問題は無いとされています。

プーアール茶は香りが高く優しい飲み口のため、食事中のお茶として最適ですが、
それだけではなく、体内の脂肪を分解する作用や血液を浄化する作用があるため、

脂っこい食事の際一緒に摂ることで余分な脂肪が身体に付くのを防ぎます。

カロリーも低いため(ほぼ0キロカロリー)、ウーロン茶と同じくダイエットをする人には人気の飲み物です。

特にウーロン茶の苦みが苦手な方には、プーアール茶のマイルドな飲み口とクセの少なさが人気です。

プーアール茶は紅茶やウーロン茶と同じく、茶葉のもとは緑茶と同じです。

茶葉の発酵の進み具合によって、紅茶やウーロン茶、プーアール茶と分かれます。

プーアール茶も緑茶と同じくカテキンが含まれていますが、日本の緑茶にはない重合型カテキンという成分が含まれています。

重合型カテキン成分は、日本茶よりも抗酸化作用と脂肪を燃焼する効果の有効成分が高いと言われています。

アンチエイジングとダイエットの両方ををサポートするお茶として注目を集めています。

プーアール茶には酵素リパーゼ(脂質を構成するエステル結合を加水分解する酵素群、脂肪を消化する酵素)も含まれているので、

脂肪分解作用を高めてくれます。

重合カテキンとは、カテキンが茶葉の発酵過程で酸化重合したもので、重合ポリフェノール、重合型カテキンとも呼ばれています。

内臓脂肪を減少させるお茶として、生活習慣病やメタボリックシンドロームを予防する効果もが期待されています。

お茶は飲む血液ともいわれ、適度な量を喉が渇く前に絶えず飲み続けるのが理想とされています。

口当たりが良くカフェインの含有量の少ないプーアール茶は、飲みやすさの点でも優秀といえます。

脂肪燃焼効果についてはプーアール茶の専門サイトでもこのように書かれています。

人間の体で一度付いてしまうとなかなか燃焼されないとされている脂肪の1つが中性脂肪です。

ですが、そんな中性脂肪も燃焼しやすい状態に変化させれば一気に燃えやすくなるとされているのです。

そうなる鍵となるのがリパーゼという酵素です。

リパーゼには中性脂肪を燃焼しやすい状態の成分である遊離脂肪酸に変化させる効果があります。

そのリパーゼをプーアール茶には増加させる働きがあるとされています。

プーアール茶を飲んで軽く運動すれば脂肪は一気に燃えやすくなるというわけです。
引用参考:おすすめのプーアル茶ダイエット人気ランキング|プーアール茶.jp

この事からもプーアール茶の脂肪燃焼効果や、ダイエット効果は証明されているのです。

プーアール茶は、動脈硬化の防止や虫歯予防、免疫力を高める作用等もあると言われています。

中でも、先に述べたダイエット効果やアンチエイジング、美肌効果には女性からの高い注目が集まっています。

シミやシワなどは美肌の大敵ですが、夏が近づくと日差しが強まり、日焼けのリスクが高まります。

日焼け後のお肌の疲れやたるみが、よりシミやシワを目立たせることになります。

日焼けによるシミやシワを防ぐには、ビタミンCやビタミンEを多く含む食品を取りることですが、

良質な緑茶やプーアール茶から抽出されたポリフェノールはビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍というすぐれた抗酸化力を持っています。

プーアール茶は緑茶に比べてカフェインの含有量が少ないため、妊婦さんや授乳中のお義母さんなどでもデイリー使い出来るお茶として、

優れた効果を発揮します。

プーアール茶を飲んでダイエットや美容に役立ててくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です